結露に強い断熱窓、トリプルガラスならGreen Bridge:グリーンブリッジ の トップページへ戻る home 会社情報

結露に強い断熱窓、トリプルガラスならGreen Bridge:グリーンブリッジ のブログ トップページへ戻る

窓が皆様のお手元に届くまでに、どのような行程を踏むのでしょうか。

弊社の窓は注文生産となりますので、ご注文を頂いたあと部品の注文から始まります。

この注文生産方式の良さは、

・建物に合わせてミリ単位で寸法を指定できる
・必要な性能に合わせた商品が作れる(断熱性能、安全性能、防音性能など)
・内外装の仕上げに合わせた色やデザインを選択できる

というものです。
一般的に窓の性能は、種類やサイズごとにある程度決まっており選択肢は限られています。

それでは、完成までの流れを見てみましょう!
窓の製造工程

1)スペックを決める 窓の品種、サイズ、ガラススペックなど
2)フレーム加工・・・木の削り出しと加工 → 組立て → 防水塗装 → 塗装 → トップコート → 検品
3)外部アルミカバーの取り付け・・・木部の劣化防止と意匠性向上
4)ガラス等の装着・・・各種パーツの取り付け
5)完成

となります。
窓の塗装ブース
製品が完成したら検品作業です。入念にチェックを行います。
ヘーベシーベ窓の検品風景
それぞれの期間は図の通りで、約1ヶ月半を要します。

その後、梱包し出荷を待ちます。
窓の梱包状態
梱包された後は、海上輸送または航空輸送により日本へ送られ、通関作業を終えた後、お客様の元へお届けします。

製造元から日本への経路ですが、スロヴェニアのkoper(イタリアのヴェネチアの近く)から日本へ送られてきます。

とても長い道のりなので、通常45日前後かかります。
航路
このように、ほぼ地球の裏側から日本に届けられています。(図は韓国航路です)

また、すぐに使いたいというお客様の要望に合わせて、航空便での輸送も行っております。
この場合は、梱包後約1週間前後でお届けできますので多くの方にご利用いただいております。
取扱店募集  お問い合わせ